Technical Information/etc.

Edit  

ES920LR用ブレイクアウト基板の作成

2020/09/10

【お知らせ】 2020/11/27 New
お問い合わせが多いため、本ページに記載のブレイクアウト基板を小口販売いたします。
12月初旬に開始を予定しております。いましばらくお待ち下さい。


ES920LRはLoRa変調を採用した920MHz帯長距離無線モジュールで、ファームウェアの書き換えでLoRa変調独自通信と、LoRaWANエンドノードを切り替えることができます。数枚購入して使用していたのですが、基本モジュールの端子が1.27mmピッチの背面パッドでプロトタイピングでの配線がやりにくいので、ブレイクアウト基板を作ることにしました。

WSB000006.JPG

 
Edit  

回路図

B0037_SCH.PNG
 
Edit  

外形寸法図

WSB000271A.png
  • プリント基板板厚 1.0mm、材質 FR-4
 
Edit  

部品構成

  • 自作基板

    ReferenceValuePART
    C1,C2,C3積層セラミックコンデンサ0.1uF 50V 1608サイズC1608JB1H104K (同等品可)
    D1オレンジ色チップLED 1608サイズOSOR1608C1A (同等品可)
    D2緑色チップLED 1608サイズOSTG1608C1A (同等品可)
    J3ピンソケット 2.54mmピッチFHU-1x42SG (同等品可)
    J5ピンヘッダー 2.54mmピッチPH-1x40SG (同等品可)
    R1,R2,R3,R410KΩ チップ抵抗 1608サイズRC0603J10K (同等品可)
    R5,R6100Ω チップ抵抗 1608サイズRC0603J100R (同等品可)
    R7,R81KΩ チップ抵抗 1608サイズRC0603J1K (同等品可)
    S1表面実装用タクトスイッチSKRPACE010
    U1ES920LRA1ES920LRA1
    EP1自作基板 ES920LR BREAKOUT BOARDB0037

    WSB000005.JPG WSB000004.JPG

 
Edit  

機能

  • USBシリアル変換器を外付けしてPCから無線通信をコマンド制御
  • 外部マイコンのUARTと接続して無線通信をコマンド制御
  • USBシリアル変換器を外付けしPCから無線モジュールのファームウェアを書き換え
  • ミニユニバーサルランドを利用し後付け回路を実装
  • ミニユニバーサルランドを利用し外部接続用のピン配置を入れ替え
 
Edit  

組立方法

  1. ES920LRとブレイクアウト基板B0037を下図のように仮止め配置し、ES920LRの背面パッドとブレイクアウト基板の端面スルーホールの側面をはんだ付けします。

    P1120522.JPG P1120524.JPG

  2. その他の部品をはんだ付けします。
 
Edit  

補足説明

  • ES920LRの背面パッドを目視で位置決めできるので、はんだ付けが簡単にできます。
  • リフローせずにはんだコテで組み立てられるので、手軽にES920LRを使い始めることができます。

    B0037_01.jpg




トップ   リロード   一覧 単語検索