Technical Information/etc.

Edit  

UNISONet無線モジュール用ブレイクアウト基板の作成

2021/6/5

SUM9Xは920MHz帯のUNISONet Leap/Metroに対応した無線モジュールです。UNISONetは「同時送信フラッディング」技術をコアとして安定、省電力、高速、双方向低遅延、ロスレス、時刻同期、多数収容などの特徴を併せ持つマルチホップ可能な独自のLPWAネットワーク技術です。メーカー提供のブレイクアウトボードではいろいろと使い難そうなので、オリジナルのブレイクアウト基板を作成してみました。

P1090250.JPG



 
Edit  

回路図



    ※ 現時点ではメーカー提供の資料が Confidential ですので、非公開とします。

 
Edit  

外形寸法図

  • B0048
    WSB000945.PNG
    プリント基板板厚 1.6mm、材質 FR-4
  • B0049
    WSB000946.PNG
    プリント基板板厚 1.6mm、材質 FR-4

  • B0048
    WSB000947.PNG  WSB000948.PNG
  • B0049
    WSB000949.PNG  WSB000950.PNG



 
Edit  

部品構成

  • 自作基板
    ※ 現時点ではメーカー提供の資料が Confidential ですので、部品表は非公開とします。
    • B0048
      WSB000951.PNG
    • B0049
      WSB000952.PNG

 
Edit  

特徴・機能

  • B0048 (無線モジュール用ブレイクアウトボード)、および B0049 (親機用機能ボード)ともに、手はんだ付けで部品を実装可能
  • 無線モジュールの全ての信号端子にアクセス可能 (B0048)
  • カードエッジマウントタイプのSMAコネクタを実装可能 (B0048)
  • 状態LED、ユーザLED、リセットスイッチ、およびNWスイッチをボード内に搭載することにより、基板単独で子機として動作可能 (B0048)
  • JTAG端子を実装可能で、今後のファームウェアのアップグレードが可能 (B0048)*1
  • メーカー提供のブレイクアウトボードと同サイズでほぼピン・コンパチブル(CN1 6pinのみ異なるが、J5のジャンパーカットで対応可能) (B0048)
  • ホストMCUあるいはUSB-URAT変換モジュールを取付可能な拡張端子を用意 (B0048 CN5)
  • 親機としての動作に必要な機能を、無線モジュール用ブレイクアウトボードと同サイズに集積 (B0049)
  • RTCバックアップ用コイン電池(CR1220)を実装可能 (B0049)
  • 基板固定用のビス穴を4つ用意し設置性を向上 (B0049)

 
Edit  

組立方法

  1. B0048 は最初に無線モジュールをはんだ付けします。端面スルーホールは金メッキされていないので、はんだ付け前に無線モジュール側の端子にもフラックスを塗布したほうが作業しやすいです。
  2. その他の部品をはんだ付けします。B0049についてはリアルタイムクロックICを最初に実装します。

 
Edit  

補足説明

  • 子機として使用する場合、無線モジュール用ブレイクアウトボード B0048のみで動作可能です。必要に応じてホストMCUを追加します。
  • 親機として動作させるためには、CN1とCN2にピンヘッダーおよびピンソケットを実装しB0049とB0048をスタッキングします。その際には、両基板のCN1とCN2のそれぞれの1ピンを合わせます。



    WSB000944.JPG




*1 ファームウェアのアップデートはメーカーでの作業となるため、動作は未確認です

トップ   リロード   一覧 単語検索